初節句のお返しにプリザーブドフラワーもおすすめ

愛を込めて

女の人

大切な女性にプレゼントを贈るのであれば、相手のイメージに合わせたお花を贈ってみましょう。また、お花のプレゼントは男性から女性へと贈る以外にも様々なシーンでも親しまれています。

もっと読む

真っ赤なバラを贈る

プレゼント

母の日にはいつも食べ物を贈っていたのですが、今年はバラの花を贈ってみました。すると想像していたよりもとても喜んでくれたので、これからもお花をプレゼントしようと考えています。

もっと読む

定番の贈り物の一つ

贈り物

カタログギフトは、結婚式の引き出物としても定番になりました。カタログ自体の金額はとても幅広く、1000円から1万円まで予算に合わせて選ぶ事ができます。 カタログギフトは昔から利用されています。

もっと読む

寿命の長い花

子供

プリザーブドフラワーの電報を使う人とは

初節句のお返しにプリザーブドフラワーを利用する人が年々増加しています。プリザーブドフラワーは生花を加工しているので、数年の間は色あせることもありません。そのため長い間室内に飾って楽しむことができるのです。華やかな色合いのプリザーブドフラワーは、初節句のお返し以外にも結婚式や入学式、還暦などといった場面で使われることが多くあります。また、お悔やみや弔電にもプリザーブドフラワーは利用されています。いつまでもプリザーブドフラワーが残ることで、喜びや感謝、また哀悼等といった気持ちを残すことができるという点が多くの人の共感を呼んでいると言えます。そして、プリザーブドフラワーを利用する人は、一般の人であったり、法人であったり様々です。多くの人が様々なシーンで使うことができます。

お祝いにプリザーブドフラワー付きの電報

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊な薬液に沈めて水分を抜いた素材のことで、生花そのままの瑞々しい美しさを保ちながら長期間の保存が可能なことから、記念日のギフトとして大変人気があります。そのプリザーブドフラワーをビーズやリボンなどと共に素敵にアレンジして電報と一緒に贈れるギフトが、プリザーブドフラワー付き電報です。最近では種類が非常に豊富になり、定番のアレンジメントのほかにもガラスのドームに美しく飾られたもの、フォトフレームとして利用できるもの、リース型のものなど、贈る方、贈られる方の好みに応じてたくさんの選択肢があります。

アレンジが可能

初節句のお祝いにプリザーブドフラワーを選ぶのでしたら、お祝いのときに飾られる季節のお花をアレンジしてもらうという方法もあります。また、子供が生まれた季節に咲いていたお花も一緒にプリザーブドフラワーとしてアレンジすれば、とても愛着が湧くでしょう。生花であれば時間がたつと枯れてしまうのですが、プリザーブドフラワーであれば半永久的に枯れる心配がないのでいつまでも鑑賞用として楽しむことが可能です。ですから、お祝い返しにもぴったりだといえます。